ハッピーハロウィン♪ 

みなさん、こんにちは!

今月末、10/31はハロウィンですね~

f:id:fujimokunetshop:20181001141242g:plain

 

我が家もご近所さんたちと今年はハロウィンパーティーしようかなんて話をしていて、子供たちは「どんな仮装にする??」と、とっても盛り上がっています。

 

ところで、ハロウィンってどんな由来・意味か知っていますか??

私も子供に聞かれて恥ずかしながらしっかりと答えられず・・・。

ちょっと調べてみました。

 

ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれています。古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。しかし、悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、現世の人間たちに悪いことをするといわれていました。そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったといわれます。
やがて、キリスト教圏へ広がりましたが、最近では宗教的な意味合いが薄れて大人と子どもが仮装をして楽しめるイベントになっています。

 

なるほど!!

なんとなーくは、知っていましたが、今回調べたのでこれでバッチリです!!

 

ハロウィンといえば、

かぼちゃ!!

かぼちゃをくり抜き、中にろうそくを灯すジャック・オー・ランタンですね。

このジャック・オー・ランタンはひとつの伝説が由来となっているそうです。

 

その昔、アイルランドには酒好きで乱暴者のジャックという男がいました。ハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を奪われそうになりますが、悪魔を巧みに騙して自分の魂を取らないように約束をさせます。時が過ぎ、年老いて死んでしまったジャックは、天国に行こうとしましたが生前、悪いことばかりをしていたので天国には行けなかったため、しかたなく地獄へ向かいました。すると、地獄の入り口には昔騙したあの悪魔が立っており「お前の魂は取らないと約束したではないか」と、ジャックを追い払ってしまいました。天国にも地獄にも行けないジャックは、悪魔に頼んで分けて貰った地獄の火を近くにあったかぶをくり抜いて作ったランタンに灯し、この世とあの世を彷徨い歩くようになったと言われています。そして、このジャックが持っていたランタンが、いつしか「魔除けの火」として伝わり、ハロウィンに飾られるようになったそうです。

 

ジャック・オー・ランタンにも由来があったようです。

 

 

フジモクでもダンボールを使ってかぼちゃのオブジェを作ってみました!

f:id:fujimokunetshop:20181001134301j:plain

 

横から見るとダンボールが何層にも張り合わせてあります。

一般ダンボールではなく、強度のある強化ダンボールを張り合わせて、塗装しました。

 

f:id:fujimokunetshop:20181009153630j:plain

こちらも展示予定のオブジェです。

ただいま作成中のため、3D画像で失礼いたします。

ダンボールでもこんなかわいいオブジェが作れちゃうんです!

 

このオブジェは富士市で開催されます富士ハロウィンフェスティバルで飾られます。

昨年は仮装写真コンテストや仮装パレードが行われ、今年はどんなイベントになるのか、とても楽しみです。

https://www.facebook.com/fujihalloween/

日時 2018年10月27日(土)

時間など詳しい情報は、 Facebookなどでご確認ください。

 

ぜひ、実際にこのかぼちゃさんを皆さんに見ていただきたい!!

ダンボールの波の部分が何枚も貼り合わさっている所なんかが、普段見れないと思うのでおもしろいと思います。